全身まっ黒は太って見える?

こんにちは。

 

プロブランディングスタイリストの横田 仁実です。

 

今日は色を効果的に使って

スタイルアップする方法について。

 

スタイルアップ(体型カバー)する方法は

色や形、小物の使い方、丈の調整など

様々な方法があります。

 

そのなかで、

皆さんが勘違いしがちな

黒の使い方について。

 

 

間違った使い方をすると

余計太って見えてしまう可能性が…

 

色には

膨張色と収縮色があります。

 

聞いたことありますよね?

 

明るい色は膨張して見えて、

暗い色は収縮して見えます。

 

収縮色の代表格でもある黒

 

体型を気にしていたり

細く見せたい!という場合、

一番最初に思いつく色だと思います。

 

ただ、気を付けなければいけないのが、

黒の使い過ぎ!

 

特に全身真っ黒

おすすめしません‼︎

 

なぜなら、

色は軽重感も伴います。

 

明るい色は軽く見えて

暗い色は重たく見えます。

 

ですので、

体型を気にしているぽっちゃりさんが、

全身黒を着てしまうと

大きな重たい塊(かたまり)

に見えてしまいます。

(細い人は問題ありません)

 

ではどのように使えば良いのか?

 

羽織りものだけ黒にしたり

体型をカバーしたい部分だけ

黒にするほうが効果的です!

 

ちなみに、

暗い色は黒と同じように収縮色。

 

お客様の様子を見ていると

まず黒に行く傾向があります。

 

でも、

黒が似合わない人が着ると

人一倍重たい印象に見えてしまいます

 

イエローベースの色のほうが似合う人は

ブラウンや黄みの濃いグリーンといった

色のほうが印象が良く見えます。

 

Summerの人にも

黒は重たい印象に…

 

チャコールグレー(暗いグレー)のほうが

良いですね。

 

普段コンサルをしていると、

体型をカバーしたいのに

余計目立たせてしまっている人

結構いらっしゃいます。

 

体型カバーの方法は

お一人お一人違います。

ご自分に合った正しい方法で

行うことが大事!

 

スタイリングの正しい知識のある

プロの診断・アドバイスを

受けましょう!

 

ーーーーーーーーーー

体型カバーの方法や

似合う服や小物のデザインを

知りたい方はこちら👇

自分スタイル診断®︎ (骨格診断)

個人向け通常プランのお申し込み

お気軽にお申し込みください。